Googleアドセンスをしている人で、これを実践しているのは100人に1人ぐらいしかいないお話です。

要はこれをやるだけでアドセンスをしている人の中で1/100には立てます。

まず記事を書く最低ラインとして

「ユーザーに再検索をさせない」

という事が重要です。

「そんなの当たり前でしょ?」

という人は、もう既に稼げている人だと思います。

まだ稼いでいない、底辺のブログ記事を書いてる人は、これの意味さえ分かっていません。

Googleも「ユーザーの検索目的を満たすブログが望ましい」と言っています。

何か意図を持ったキーワードで検索した結果、検索結果には大量のブログやサイトが並びますね。

そして、確率的には検索結果1位のブログに最もアクセスが集まるわけですが、一応2位以下にもそれなりのアクセスがあります。

検索キーワードによって異なりますが、なぜ2位以下にもアクセスがあるのでしょうか?

その理由も様々ですが、大きな理由の一つに

「検索需要が満たされないから他のブログも読まれる」

という事が挙げられます。

例えば、最初に開いたブログでそれが解決したら、次のブログは開かないということになります。

かなり当たり前の話ですが。

つまり、そのようなブログ、そのような記事を書きましょうということです。

せめてそれを目指すのが基本なのです。

これは「できればそうする」ではなく「絶対にそうすべき」というレベルの話です。

ただ、何かの比較記事の場合には全てのユーザーの問題は解決出来ません。

問題はシチュエーションによって何が最適化が変わるので。

「自宅でテレワーク」の人と「外出してのテレワーク」の人ではニーズが変わりますよね。

自分が記事を書く際にはそこを狙って書かなければなりません。

もし「自宅でのテレワーク」がメインなら
「自分はこういうものを使っている」という明確なものと「このようは部分が良い」逆に「このような部分は残念」というレビューが必要なのです。

そうすると、まずこの時点で自宅でのテレワークをする人が見た時にはかなりの確率で「この記事で満たされる」というわけです。

もちろん、他の人の意見も聞きたいと思う人もいるでしょうから、他のブログも見たりするとは思いますが、基本的な考えとしてはこのような事です。

ただ、記事が明確であればあるほど、仮に外出してのテレワークの人が見たとしても
参考になります。

また、同じ道具などを「自宅で使ってみた時」「外で使ってみた時」などという比較があれば、完璧でしょう。

そんなイメージになります。

おすすめの記事